RAV4のアドベンチャー最新情報|価格装備カラーの違いをまとめてみた

下取りには必ず一括査定サイトを使うこと!

「下取りは必ず一括査定サイトを使う」

これがまずは最初のステップです。

ディーラーでは30万円の下取りが
買取り業者なら70万円なんてことも
よくあることです。

一括査定サイトを使うことで、
大手の下取り会社が最大10社
あなたの車の買取り価格を
競ってくれます。

結果的に値段が吊り上がります!


2019年4月10日に発売が開始される新型RAV4(ラブ4)には、ガソリン車とハイブリッド車があります。
ガソリン車には、専用のフロントマスクを装着したグレードAdventuer(アドベンチャー)が用意されています。

このアドベンチャーは、見た目の他にも、専用の装備が装着されていてオフロード色の強いモデルです。

RAV4アドベンチャーの気になる主な装備は以下のようになっています。

  • 専用フロントグリル
  • 専用フロントバンパー
  • 専用アルミホイール
  • モカ色インテリアカラー
  • シートベンチレーション(オプション)

この他にもRAV4アドベンチャーには、2トーンカラーなど設定されていてRAV4のグレード選びで気になるモデルになっています。

そこで、ここでは新型RAV4アドベンチャーを詳しく調べてみました。




RAV4アドベンチャーの価格

RAV4アドベンチャーはガソリン車のグレード「X」をベースに専用装備がつくかたちになります。

価格は、3,137,400円~となっていて、オーディオレスの設定です。

駆動方式は4WDのみになっています。

RAV4 2.0Lガソリン車グレード 駆動方式 販売価格
X FF 2,608,200円
X 4WD 2,835,000円
アドベンチャー 4WD 3,137,800円
G 4WD 3,202,200円
GZパッケージ 4WD 3,348,000円



ちなみにハイブリッド車の価格は以下のようになっています。

RAV4ハイブリッド車 駆動方式 販売価格
ハイブリッドX FF 3,221,640円
ハイブリッドX 4WD 3,470,040円
ハイブリッドG 4WD 3,837,240円

ハイブリッド車にAdventuer(アドベンチャー)の設定はないので、専用フロントマスクがお気に入りなら、ガソリン車を選ぶことになります。

ガソリン車のグレードの中でも中間の価格で、人気のグレードになりそうですね。

RAV4アドベンチャーエクステリアの特徴

RAV4アドベンチャーのエクステリアはどんな感じなのでしょうか。

フロントフェイスは先代のRAV4から採用された「キーンルック」です。

RAV4,アドベンチャー,エクステリアRAV4アドベンチャー
新型RAV4,GRAV4「GZパッケージ」

他のグレード「X」「G」などと一番の違いは、フロントフェイスのデザインです。専用のフロントグリル、専用バンパーが特長でアルミホイールも切削光輝+ブラック+マットクリア塗装タイプになります。
フロントグリルの下に、フォグランプを結ぶデザインが入ってチカラ強さが増しています。

RAV4,アドベンチャー,アルミホイール
アルミホイールも19インチの専用デザインになっています。ホイールアーチのモールも大型のものが装備されています。

RAV4,アドベンチャー,スキッドプレート
バンパー下のスキッドプレートも大型でゴツイデザインになっています。

RAV4,アドベンチャー,リヤ
(画像は北米仕様なので背の高いルーフレールが装備されています。)

リヤコンビネーションランプをつなぐリヤガーニッシュはボデイと同色になります。グレードが「G」からはメッキタイプ装飾のガーニッシュです。

マフラーは左右2本出し、最近のSUVはマフラーが見えないタイプもありますが、個人的には見えている2本出しの方が好きです。

リヤのスキッドプレートも専用色になります。




RAV4アドベンチャーのサイズ

RAV4アドベンチャーのサイズは

  • 全長4,610mm
  • 全幅1,865mm
  • 全高1,690mm
  • ホイールベース2,690mm

 

専用のパーツを装備しているので、他のグレードと比べて全長、全幅が10mm長い大きさです。

最低地上高は200mmとなっています。

ベースグレードの全幅1,855mmでも幅が大きいのですが、アドベンチャーの1,865mmは狭い道なんかですれ違いに気を遣うサイズです。

RAV4アドベンチャーのインテリア

RAV4アドベンチャーの内装カラーは、モカ色にオレンジの差し色が使われています。

RAV4,インテリア

直接触れるところにはソフトパッドが使われていて、質感も高くなっています。

オプションでシートベンチレーションが装備することができます。

RAV4アドベンチャーのボディカラー

新型RAV4ののディーカラーはモノトーン8色、2トーンカラー4色が設定されています。




アドベンチャーには、モノトーン5色と2トーンカラー4色が設定されていて、2トーンカラーはアドベンチャーはでしか選ぶことができないです。

RAV4 アドベンチャーのボディカラー

  • センシュアルレッドマイカ(オプションカラー)
  • アーバンカーキー(新色)
  • アティチュードブラックマイカ
  • グレーメタリック
  • シアンメタリック
  • アッシュグレーメタリック/グレーメタリック
  • アッシュグレーメタリック/アティチュードブラックマイカ
  • アッシュグレーメタリック/アーバンカーキ
  • アッシュグレーメタリック/シアンメタリック
    2トーンカラーもオプションカラー



アドベンチャー以外のグレードに設定されているボディカラー

  • ホワイトパールクリスタルシャイン(オプションカラー)
  • センシュアルレッドマイカ(オプションカラー)
  • アティチュードブラックマイカ
  • グレーメタリック
  • シルバーメタリック
  • ダークブルー

 

アーバンカーキはアドベンチャーに設定されている新色です。2トーンカラーはルーフ部分とピラーがアッシュグレーメタリックになります。
ホワイトはアドベンチャーで選ぶことができないです。ホワイトを選びたいならアドベンチャー以外のグレードにするしかないです。

RAV4アドベンチャーの装備詳細

RAV4アドベンチャーの装備は、「X」の装備がベースになっています。

装備の主な違いはベースグレードはファブリックシート、その他のグレードとアドベンチャーは合成皮革のシートに、運転席はシートメモリー付8wayパワーシートやシートヒーターも標準装備です。
アドベンチャーはステアリングヒーターも標準装備、その他オプションでシートベンチレーションが装備できます。

風を送って暑いときに快適度がアップするシートベンチレーションはアドベンチャーでしか装備できないです。

Xの主要標準装備

  • 17インチアルミホイール
  • 電動パーキングブレーキ
  • ブレーキホールド
  • セカンダリーコリジョンブレーキ
  • ヒルスタートアシストコントロール
  • プライバシーガラス
  • ルーフモール
  • 3灯式LEDヘッドランプ(ハイブリッドはプロジェクター式LEDヘッドライト)
  • LEDサイドターンランプ
  • LEDテールランプ
  • トヨタセーフティセンス(夜昼歩行者検知)
  • 先行車発進告知機能
  • スマートエントリー
  • 4.2インチTFTカラーマルチインフォメーションディスプレイ
  • ドライブモードセレクト
  • パワーウインドウ
  • ファブリックシート表皮
  • オーバーヘッドコンソール
  • 盗難防止システム(イモビライザー+オートアラーム)
  • アクセサリーソケット2個(DC12V+120W)
  • 6スピーカー
  • 専用通信機DCM
  • 充電用USB端子4個

アドベンチャーの主要標準装備

Xの装備に追加

  • 19インチアルミホイール
  • ダウンヒルアシストコントロール
  • ダイナミックトルクベクタリング4WD
  • 専用バンパー
  • 専用フォグランプベゼル
  • 専用フロントグリル
  • 専用ホイールアーチモール
  • 専用フロント/リヤスキッドプレート
  • 専用グレードエンブレム
  • フロントフォグランプ
  • 自動防眩インナーミラー
  • 7.0インチTFTカラーマルチインフォメーションディスプレイ
  • ダイヤル式マルチテレインセレクトスイッチ
  • 運転席8wayパワーシート
  • 電動ランバーサポート
  • 専用合成皮革シート表皮
  • センターコンソールボックス
  • ドアトリムショルダー/オープントレイ/フロントドアグリップソフト化
  • 室内イルミネーション(クリアブルー)

 




まとめ

RAV4ガソリン車のグレードアドベンチャーについて紹介しました。

専用のフロントマスクでオフローダー色の強いエクステリアに、新しい4WDシステム、ダウンヒルアシストコントロールといった悪路を走るための機能も装備されています。

全幅が広いのは気になるところですが、そのかわり横幅のあるワイドな見た目が魅力でもあります。

価格や装備からすると、ガソリン車の「G」も気になるところです。

はやしはやし

専用のフロントマスクがお気に入りならアドベンチャーに決まりですね。


新型RAV4を50万円以上安く購入する方法とは?

「新型のRAV4がいいな」

「新車がいいけど高っ!」

「できれば最上グレードで買いたいけど…」

「値引きで安く購入できるといいけど…」

「値引き交渉苦手だな」

「頭金入れてローンなら何とか…」

などRAV4の購入を
検討してると悩みは尽きません…

稼ぎのある友人は当たり前のように
高級車に乗ってるし…

家族に相談したところで
「稼ぎがないなら安い車にしておけばいい」と
言われるのがオチ

そんなときにためしてほしいのが
下取りより買取りです!

下取りには必ず一括査定サイトを使うこと!

「下取りは必ず一括査定サイトを使う」

ディーラーでは30万円の下取りが
買取り業者なら70万円なんてことも
よくあることです。

一括査定サイトを使うことで、
大手の下取り会社が最大10社
あなたの車の買取り価格を
競ってくれます。

結果的に値段が吊り上がります!

けんじけんじ

車の査定を後回しにするのは損ですよ。