新型RAV4の画像エクステリア・インテリアをレビュー気になるとこは?

下取りには必ず一括査定サイトを使うこと!

「下取りは必ず一括査定サイトを使う」

これがまずは最初のステップです。

ディーラーでは30万円の下取りが
買取り業者なら70万円なんてことも
よくあることです。

一括査定サイトを使うことで、
大手の下取り会社が最大10社
あなたの車の買取り価格を
競ってくれます。

結果的に値段が吊り上がります!


フルモデルチェンジして5代目(XA50型)となり日本で販売が再開された新型RAV4、トヨタのSUVの品ぞろえを充実するために登場しました。

トヨタにも人気のC-HR、ハリヤ―があり、それぞれとキャラがかぶらないようにRAV4は、オフロードの走りに力を入れたクルマです。

他メーカーをみてもSUVは人気の車種で、多くのライバルがあります。

そんな新型RAV4の画像からレビューして気になるところを、チェックしていきます。




RAV4のガソリン車とハイブリッド車エクステリア画像

新型RAV4は2.0Lガソリンエンジン搭載のガソリン車に「X」「G」「GZパッケージ」「Adventure」2.5Lエンジンとモーターのハイブリッド車「HYBRID X」「HYBRID G」ラインナップです。

それではそれぞれのグレードの見た目や違いで、画像で見ていきましょう。

RAV4 X/HYBRID Xのエクステリア画像

RAV4グレードXのホワイト
RAV4 X フロント

引用https://toyota.jp

RAV4の「X」「HYBRID X」はそれぞれのべースグレードになります。販売価格は、「X」が2,608,200円(2WD)から寒冷地仕様は2,630,880円、「HYBRID X」2WDが3,202,200円からとなっています。

2WDが選べるのはこの「X/HYBRID X」のみです。

フォグランプとフロントバンパー下部分のスキッドプレートはつかないです。

RAV4ガソリン車3灯式LEDヘッドライト
ガソリン車の3灯式LED

引用https://autoc-one.jp/
ガソリン車のヘッドライトは、3灯式LEDヘッドライト(オートべリング機能付き)を搭載しています。

RAV4HYBRIDのヘッドライト
HYBRID車のヘッドライト

引用https://autoc-one.jp/
ハイブリッドのヘッドライトは、Bi-Beam LEDヘッドランプ(オートレベリング機能付き)となっています。

オートレベリング機能

ヘッドライトの照射軸を自動に調節してくれる機能です。荷物を積んで照射軸が上がってしまうと対向車にまぶしくて迷惑になってしまうこともあります。
そのため、LEDヘッドライトにはこの機能が義務になっているのです。

RAV4HYBRIDX横姿のホワイト
RAV4 HYBRID X

「X」「HYBRID X」の見た目の違いは、HYBRIDのロゴマークがリヤとサイドミラー下辺りにあるかないかです。

ドアハンドルはカラードタイプでボディと同じ色になります。

タイヤとアルミホイールサイズは、タイヤ:225/65R17、ホイール17×7jシルバーメタリック塗装

RAV4Gのリヤ
RAV4 HYBRID X 後ろ

リヤテールランプの間部分バックドアガーニッシュはカラードタイプになっています。

「X/HYBRID X」はリヤもスキッドプレートはつかないです。

はやしはやし

RAV4の「X/HYBRID X」は2WDが選ぶことができて、加飾がされないシンプルなエクステリアになっています。





RAV4 G/HYBRID Gのエクステリア画像

RAV4Gのエクステリア画像
RAV4 G フロント

引用https://toyota.jp
「G」「HYBRID G」の販売価格はガソリン車「G」(4WD)が3,202,200円から、「HYBRID G」(4WD)は3,817,800円からとなっています。
寒冷地仕様は、それぞれ19,440円高です。

フロントで違うところは、バンパー下部分にシルバー塗装のスキッドプレートが付きます。

グリルが「X/HYBRID X」ではブラックだったのが、ガンメタリック塗装となります。ハロゲンのフォグランプも装備されています。

はやしはやし

スキッドプレートとフォグランプがつくことで、SUVらしくなりますね。

RAV4グレードGの横姿
RAV4 G

画像ではわかりにくいけど、ドアハンドルにメッキモールがつきます。
ドアハンドル自体がメッキカラーなわけではなく、メッキモールがついているだけなのはちょっとイマイチな感じがします。

タイヤサイズとアルミホイールは、タイヤ:225/60R18、アルミホイール:18×7Jスーパークロームメタリック塗装、デザインも「X/HYBRID X」と違う。

RAV4,Gのアルミホイール
「G/HYBRID G」の18インチアルミホイール

RAV4 グレードGの後ろ姿リヤバックドアガーニッシュは高輝度シルバー塗装、リヤスキッドプレートもシルバー塗装されたのが装備されます。

「G/HYBRID G」のリヤゲートはパワーバックドア(挟み防止機能・停止位置メモリー機能付)になります。

「G/HYBRID G」はアルミホイールやガーニッシュといった装備で見た目のグレードがアップ、エクステリア以外でも予防安全のインテリジェントクリアソナー、パーキングサポートブレーキ、ブラインドスポットモニターが装備されます。

インテリジェントクリアソナーは、アクセルの踏み間違いや車庫入れでの静止物の接近を知らせ、さらに距離が近づいたら自動でブレーキをかけてくれます。

パーキングサポートブレーキは、駐車場でバックするときに、左右から接近するクルマを知らせてくれます。ぶつかる危険がある場合はブレーキ制御します。

ブラインドスポットモニターは、ドアミラーで確認しにくい、隣の車線を走るクルマをLEDで知らせてくれる装置です。

はやしはやし

RAV4ぐらいの大きさのクルマにのるならつけておきたい装備ともいえます。





RAV4 G”Zpackage” のエクステリア画像

RAV4 G"Zpackage"のフロント
RAV4 G”Zpackage”

販売価格は3,348,000円(4WD)から、寒冷地仕様は3,370,680円からとなります。

G”Zpackage”(Gゼットパッケージ)はガソリン車の設定、「G」にさらに装備がプラスされた最上位グレード。
RAV4G"Zpackage"の横姿

RAV4,GZパッケージ,ホイール
G”Zpackage”の19インチアルミホイール

エクステリアの違いは、アルミホイールが19インチが装備されます。タイヤサイズ:235/55R19、アルミホイールサイズ:19×7 1/2J(スーパークロームメタリック塗装)

はやしはやし

19インチのホイールは迫力があるしデザインも凝っていていいですよね。

RAV4G"Zpackage"の後ろ姿
G”Zpackge リヤ

リヤゲートは、バンパー下に足を近づけると開閉ができるハンスフリーパワーバックドア(挟み込み防止・停止位置メモリー機能付き)になります。

買い物で荷物を持っている時や、小さな子どもを抱っこしている時なんかに便利な機能ですよね。

メカニズムでは4WDが新システムの「ダイナミックトルクべタリングAWD」になります。
世界初のメカニズムで悪路の走破性、オンロードでの操縦安定性、燃費向上といいとこどりのシステムなのです。

「ダイナミックトルクベタリングAWD」はG”Zpackage”とAdventureに装備されます。

せっかくRAV4を購入するなら最新の4WDシステムのグレードを選びたいところですね。

はやしはやし

19インチアルミホイール、新4WDへグレードアップする「G”Zpackage”」「G」より145,800円高だけど割高感はないですね。

RAV4 Adventureのエクステリア画像

RAV4 Adventurのフロント
RAV4 Adventure

Adventure(アドベンチャー)は2.0Lガソリン車に設定されているグレードです。販売価格は3,137,400円、寒冷地仕様は3,160,080円となっています。

専用のフロントグリル、フロントバンパー、リヤとフロントには大型スキッドプレートが装備され、アルミホイールも専用デザインの19インチが用意されています。




ボディカラーに2トーンカラーも設定され、メカニズムも新しい4WD「ダイナミックトルクベタリングAWD」が搭載、Adventureは新型RAV4一押しのグレードといえます。

RAV4Adventurフロントグリル
フロントグリルのデザインも違って、ブラックの精悍な見た目になっています。

きになるくんきになるくん

専用のフロントグリルとバンパーが、ワイド感を強めてくれてカッコいいな

RAV4のAdventur横姿
Adventureは2トーンカラーも設定されている。

ホイールアーチモールも大型になり、アルミホイールも専用デザインが装着されます。
タイヤ、アルミホイールサイズはタイヤ:235/55R19、アルミホイール:19×7 1/2J(切削光輝+ブラック+マットクリア塗装)
RAV4Adventurのホイールとホイールアーチアルミホイールは、スバルXVのようなブラック塗装と切削が特徴のデザイン、ホイールアーチもゴツイです。

RAV4Adventur後ろ姿
Adventure後ろ

エクステリアの専用装備以外は、ベースグレードの「X」と同じなのでリヤガーニッシュはカラードタイプになっています。
「X」と同じだから、リヤゲートにパワーバックドアも装備されないです。

「RAV4」と「Adventure」のエンブレムはマッドブラックです。

Adventure(アドベンチャー)は、新4WDシステムの「ダイナミックトルクベタリングAWD」「ダウンヒルアシストコントロール」といった装備つきますが、「G」や「G”Zpackage”」につくセーフティ系の装備やリヤゲートのパワーバックドアがつかないです。

どちらかというとオフロード性能に特化し、機能性を重視した硬派なグレードといったところです。

AdventurとG”Zpackageを比べて

AdventureとG”Zpackageを比べて

Adventureの販売価格が3,137,400円G”Zpackage”が3,348,000円、価格差は210,600円、G”Zpackage”には装備されているAdventureに「インテリジェントクリアランスソナー」28,080円、「リヤクロストラフィックソナー」66,960円、といったセーフティ系とハンズフリーパワーバックドア75,600円をメーカーオプションでAdventureに付けると、3,308,040円です。

さらにG”ZpackageはAdventureにない装備として「デジタルインナーミラー」43,200円、「本革巻ステアリングホイール」79,920円があります。

Adventure専用のエクステリアも魅力ですが、G”Zpackage”の充実した装備も気になるところです。

はやしはやし

グレード選びに迷いそうですね。

RAV4のインテリア画像

RAV4のインテリアカラーは、各グレードにブラックとライトグレーの2色から選ぶことができます。




さらにシート素材やシートのカラーがグレードによって変わります。

X/HYBRID Xのインテリア画像

RAV4Xインテリア
ブラック
RAV4インテリアライトグレー
ライトグレー

X/HYBRID Xのインテリアカラーは、ブラックとライトグレー、シートはファブリック

G/HYBRID Gのインテリア画像

RAV4Gブラックインテリア
ブラック
RAV4Gインテリアライトグレー
ライトグレー

G/HYBRID Gのインテリアもブラックとライトグレーです。シートは合成皮革になります。

ダッシュボードやセンターコンソールに差し色として、ワインレッドが使われています。

G”Zpackage”インテリア画像

RAV4 G"Zpackage”インテリア

RAV4G"Zpackage”インテリアG”Zpackage”のインテリアもブラックとライトグレー、シートは合成皮革タイプです。

Adventureのインテリア画像

RAV4Adventurのインテリアカラー

RAV4Adventurのインテリアオーキッドブラウン

Adventureのインテリアもブラックとライトグレーが基調です。ライトグレーのシートカラーはオーキッドブラウンが使われています。

差し色はオレンジ系が使われてアクティブな室内になっています。

シート素材は合成皮革、デザインは専用のデザインにオレンジのステッチが使われています。

新型RAV4を50万円以上安く購入する方法とは?

「新型のRAV4がいいな」

「新車がいいけど高っ!」

「できれば最上グレードで買いたいけど…」

「値引きで安く購入できるといいけど…」

「値引き交渉苦手だな」

「頭金入れてローンなら何とか…」

などRAV4の購入を
検討してると悩みは尽きません…

稼ぎのある友人は当たり前のように
高級車に乗ってるし…

家族に相談したところで
「稼ぎがないなら安い車にしておけばいい」と
言われるのがオチ

そんなときにためしてほしいのが
下取りより買取りです!

下取りには必ず一括査定サイトを使うこと!

「下取りは必ず一括査定サイトを使う」

ディーラーでは30万円の下取りが
買取り業者なら70万円なんてことも
よくあることです。

一括査定サイトを使うことで、
大手の下取り会社が最大10社
あなたの車の買取り価格を
競ってくれます。

結果的に値段が吊り上がります!

けんじけんじ

車の査定を後回しにするのは損ですよ。